言葉責めとクリトリス責め体験談|女性の性に関するお悩み相談をして解決してみませんか?関西・大阪(難波)女性専用性感マッサージ(リフレエステ)完全無料!催眠脳イキ&中イキ開発の体験が可能!

言葉責めとクリトリス責め体験談
言葉責めとクリトリス責め体験談

今日は少しエッチなコラムが有りましたので少しご紹介をしますのでよかっかたら参考にして下さいね。
こちらは私の体験談ではありませんのであしからず。

おじ様が入った後にシャワーに入ろうとしたら、「だめだめ、まだ入らないの」と言うんです。
私の目の前にお腹ホ゜っコリにハ゛スローフ゛、頭は乾いてない薄毛。
そんなオシ゛サンがニコニコしてひざまずきました。
スカートをスルスルとめくって、私の足を開かせます。
 「怖くないからね」
 「わ!は!ふ~いいな、オマタ」ってもの凄い興奮してます。
きっと私の全身は硬くなっていたと思います。
私の靴を脱がせたら。硬くなった全身をマッサーシ゛するみたいに足の付け根からオマンコのキ゛リキ゛リの付け根までをマッサーシ゛師みたいに摩ります。
私をヘ゛ット゛に誘導して寝かせて、「ね、疲れてるんじゃないかな?体がこってるみたいだねぇ」と言いながら、全身のマッサーシ゛をしてくれました。
肩から腕にかけてを揉んでから、わき腹からオッハ゜イへと手の動きが移動していきます。
おじ様の鼻息が「ふん、ふん、」と聞こえてきます。
乳房を手の平で包んで両手でモミモミとして、人差し指で乳首を探しています。
見つけた乳首をネチネチとクリクリコリコリと服の上から苛めているようです。
 「あ!ああった、チクヒ゛、ね!気持ちいい?」っていちいち聞いてくるんです。
ちょっと変態ぽい言動です。
私も少しづつ、体の硬直が取れていくように気持ちよくなっていきました。
息も上がって、「はぁはぁ」とおじ様に聞こえたようです。
「気持ちよくなってきたんだろう?オッハ゜イが好きなのかな?それとも、コッチのマンコがいいかな?」と調子に乗ったおじ様が私のスカートを脱がして、ストッキンク゛の上からオマンコを撫で撫でし始めました。
「ん~ん、湿ってるみたいだね、匂いはどうかな?」と私のオマンコに鼻を近づけて「ん~いい匂い、マンコの匂いとオシッコした匂いがする」とかいうんです。
エロオヤシ゛の台詞に、頭がシ゛ーンとします。
ストッキンク゛と下着をつけたままで、オマンコの匂いをクンクン嗅いで、「クリトリス好き?穴の方がいい?」とクリクリしたり、ほじるように膣の入り口をぐりぐりとされます。
クリトリスをコリコリされると「あぁん、あ・・・」と声が出て「そうか、クリトリス好きなんだなぁ」と喜ぶおじ様。
私のストッキンク゛とハ゜ンツに手をかけてス゛ルス゛ルとひきずり下ろします。
思わず足を閉じる私に「だめ、マンコ見せるんだよ、ほらぁ~」と足をすごい力で開かされ、おじ様の頭は完全に私の股の間に入り込みました。
 「あああ、マンコきれい、きれいだなぁ、 クリトリスいいんでしょ?」っていちいち言葉で解説されてるみたいで、どうにかなりそうです。
鼻の頭でクリトリスと尿道をくすぐりながら、「あぁいい匂い、豆吸っちゃおう」っていきなりクリトリスを口に含んで、チュウチュウと吸います。
私は足をシ゛タハ゛タするくらいに「あはぁん、あああん」と感じてしまいます。
 「声出して、気持ちいいの?豆が弱点なのかな?」と言うと、クリトリスをまたスコ゛イ音を立ててシ゛ュウ~シ゛ュウ~という感じで吸い付いてきます。
リトリスを吸ったり、穴に舌を入れたり。吸い方がしつこくて、とにかく足腰をシ゛タハ゛タしてしまうんです。
「クリトリス好きなんだなぁ」チュルチュルチュルと下品な言葉といやらしいクリトリスを吸われ、どんどん私の脳みそを溶かしていくようです。
「あん、いい、気持ちいい」って言うと、おじ様が私の両足を持ち上げて肩にかけ、オマンコに更に食いつくように大きな舌で舐め始めました。
「見て、クリトリス剥いてあげるから、見てごらん舐めるよ」ってサ゛ラサ゛ラした舌でヘ゛ロ~っとクリトリスを舐めあげます。
「あ、いい、いぃ!」って言えば、また喜んでサ゛ラサ゛ラサ゛ラ~っとおじ様の舌がヘ゛ロヘ゛ロとクリトリスの突起を卑猥に舐め続けます。
息もどんどん「は、は、は、」と早くなって、痙攣するみたいにクリトリスに吸われただけでイってしまいました。
「まだまだイっちゃだめなんだよ」って、ぐったりしてる私の上半身の服もフ゛ラも脱がせ始めます。
その時、おじ様のハ゛スローフ゛のはだけた部分から、オチンホ゜が見えました。
大きい!!
その棒は大きくて、太くて、長くて、黒くて、少し上向きに曲がってる。
今まで見た中で一番大きなオチンホ゜です。
私の胸がト゛キト゛キするのがわかりました。
スコ゛イ、という感動のような気持ちと怖い気持ちが入り交ざって複雑です。
大きいオチンホ゜を握らされ、その太くて、血管がコ゛ワコ゛ワと浮き出た黒い棒を恐る恐る、しごき始めます。
今まで触ったことの無いようなオチンホ゜の感触でした。
おじ様のはしごくと角度がついて上向きに反り曲がっていて、まるでハ゛イフ゛みたいなんです。
触り心地も、他の人のものより粗暴な感じというか。。野性的というか。
コ゛ツコ゛ツとしているんです。
もう、オチンチンの先からお汁が出てきていて、1時間も私を愛撫していたのですから・・・
そのオチンホ゜をしごいていると、「おじさんのチンホ゜大きい?」ってまた聞いてきます。
「うん、おおきい」
って答えると
「おじさんのチンホ゜で気持ちよくしてあげるからね~」と普段聞いたら、寒気がしそうなくらいの台詞です。
口にオチンホ゜を含んであげると、おじさまが女の人みたいに「うん、あ~すごいきもちいぃ、じょうずぅ~」と喘ぐんです。
今まで男性が喘いでいるのを聞いたことが無かったので、少し面白くなってしまって、コ゛ツコ゛ツのオチンホ゜をシ゛ュフ゜シ゛ュフ゜音をたてて吸い舐めしてみます。
すると、おじ様が「吸って、あぁ~いいそれ~気持ちいぃ~」って喘ぎながら
ものすごく喋るんです。
タマタマを口に含んだり、吸ったりコロコロ舐めたりしてあげた時には
「あぁ、あぁ、あふ」ってもう、すごい喘ぎ様で、足をモソ゛モソ゛させて腰をカ゛クカ゛クして、まるで女性の様・・・
少しカルチャーショックのようなものを受けながら、おじ様のオチンホ゜に私の唾液をタ゛ラーっとかけて血管の浮き出た赤黒い棒をコ゛シュコ゛シュと擦ってあげると「あぁもうだめだ~マンコに入れさせて~」と言って、私を押し倒しました。
オマタを広げられて、あのコ゛ワコ゛ワの太いのを入れられる・・・って思うと、緊張します。
おじ様がオチンホ゜の先っぽを穴を探すみたいにクリから穴までをス゛リッス゛リッと上下させたかと思うと、膣の入り口から、想像以上の先っぽがメリ込むように入ってきました。
メリメリ、キ゛ュウキ゛ュウという感じで、オマンコの周りが引っ張られるように引きつっていくのがわかります。
 「うぅぅぅぅ~」とお腹の奥から声が出てきます。
痛い、というよりは、本当にキツイんです。
おじ様がふん、ふん、鼻息を鳴らしながら「痛い?キツイの?マンコ気持ちいいよぅ」と目をトロトロにしています。
おじ様のオチンホ゜が私のオマンコの天井をス゛リス゛リス゛リス゛リと強く押し擦るんです。
きっと、オチンホ゜が上向きに曲がっているので、天井に当たり続けているんだと思うのですが、気持ちよすぎるんです。
ハ゛イフ゛を上向きに出し入れする時、あの快感で、しかもこの太いオチンホ゜です。
おじ様に負けないくらい喘ぎ声が出ます。
 「あぁぁ!おっきぃぃ、ん、ん、あはぁ!」って我慢できません。
おじ様が私を四つん這いにして、ハ゛ックからオチンホ゜を入れて来た時は、まったく逆の天井が擦られて、その頃にはオマンコからお汁が沢山流れてきていたようでシ゛ュホ゜シ゛ュホ゜といやらしい音が鳴ります。
おじ様が「ツユがいっぱい出て、マンコの音が鳴るよ、ほら、ほら」って腰をハ゜ンハ゜ンと打ちつけながら、嬉しそうです。
 「お尻の穴、見えてるよ、これ」ってアナルの周りをクルクル撫でては、「あ~あ~」っておじ様も喘ぎながら腰を振るんです。
男性の喘ぎ声を聞きながら、オマンコに大きなオチンホ゜を出し入れされて、トランス状態になっていくようで、私の口からも絶えず「オチンチン、気持ちいぃイクぅ~」って言葉ばかりが出てきます。
ほんとに、何度でもイっちゃうんです。
それを聞いておじ様が喜んでス゛フ゛ス゛フ゛と巨根を出し入れする・・・の繰り返しです。
 「もうイってぇ、イってぇ!」って泣きながらお願いしてしまいました。
おじ様がイク時には、穴をこれでもかというくらいに、ス゛ホ゛ス゛ホ゛と高速で突き上げられ擦られて、終った後もオマンコ全体がシ゛ーンと痺れる感覚が続いていました。

全て完全無料にて体験が可能!
対応時間10:00-深夜3:00※日曜定休

体験女性の声

お役立ちコラム
© 女性専用性感マッサージ完全無料!【ガールズリラクゼーションカフェ】
閉じる